電話:052-821-0418
地下鉄桜通線鶴里駅近く愛知県名古屋市南区鶴田1-7-26(江崎整形外科3階)

名古屋市南区で一般歯科、小児歯科を行っている歯医者のさくら歯科クリニックです。歯周病、むし歯治療の事はさくら歯科クリニックにご相談ください。

お子さまのむし歯予防

採用情報
Mobile Site

むし歯になる原因とむし歯予防

むし歯の原因は、歯の表面に付いた歯垢(プラーク)にむし歯菌が棲みつき、そのむし歯菌が糖分を栄養にして酸をだし、歯を溶かすことです。歯が溶けた部分から、むし歯が大きくなっていきます。

むし歯の予防に一番大切なことは、正しい歯磨きを毎日行うことです。毎日きちんと歯を磨くことで、歯の表面に歯垢がない状態を保ちます。そうすれば、むし歯菌が棲みつく場所がなくなるので、むし歯になりにくくなります。

さらに家庭での歯磨きだけでは取れない歯垢を定期的に歯医者に通って取り除きます。また、歯医者さんに通う際にむし歯の予防治療を行います。これにより、むし歯になる可能性はさらに低くなります。

家庭での正しい歯磨きと、歯医者への定期的な通院によるむし歯予防で、むし歯になる可能性は格段に低くなります。

フッ素塗布

皆様はフッ素を歯に塗ると、むし歯予防になるという話を聞いたことがあるでしょうか?
確かにフッ素を歯に塗ると、むし歯になりにくくなります。

ではそれはどのような効果があって、むし歯予防につながるのか?
そこまでご存知の方はそれほど多くないかと思います。

では、フッ素はどのようにしてむし歯を予防するのでしょうか。

  • フッ素は歯を強くしてくれます。文字通り歯のエナメル質を強化してくれるのです。
    (※特に生えたばかりの歯はフッ素を取り込みやすく、フッ素塗布は効果的です。)
  • フッ素は歯の再石灰化を促します。歯が溶けはじめることによりむし歯になる、というサイクルの溶けはじめの部分で溶けかけた歯を再石灰化させることで、むし歯を予防します。
  • むし歯菌は糖分を取り込み、それを分解してエネルギーにします。しかし、フッ素は糖分を分解する酵素の働きを抑制する効果を持っています。そのため、むし歯菌は糖分を分解できずエネルギーを作り出すことができなくなります。よって、むし歯菌の活動が弱まりむし歯を予防できます。

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝を埋めるむし歯の予防処置です。
歯磨きの際に磨き残しが多く、むし歯になりやすいのが奥歯の溝です。特に生え変わったばかりの奥歯の永久歯(6歳臼歯)はむし歯になりやすいです。

そこでシーラントでむし歯になりやすい奥歯の溝を埋めることで、むし歯になるリスクを軽減するわけです。

しかし、シーラントも割れたり欠けたりすると余計にむし歯になりやすくなります。歯科医院での定期的なチェックは必要になってきます。
とても簡単な処置で痛みはありませんので安心してご相談ください。

Page Top